補聴器の種類

現在、わが国で使われている補聴器には、3つの代表的なタイプがあります。
小型・高性能の耳あな形、種類の豊富な耳かけ形、そして、コードのついたポケット形です。
和光では3つのタイプとも、各種、とりそろえています。

耳あな形補聴器

レディー メイド耳あな形補聴器

耳の中におさまるので、あまり目立たず邪魔になりません。
音の入口(マイクロフォン)が耳穴の位置にあるので、自然な音色が得られます。

  • 片耳68,000円より(非課税)

オーダーメイド耳あな形補聴器

一人一人の聴力と耳の形に合わせて、オーダーメイドでお造りする耳あな形補聴器。
あなたにピッタリの聴こえをお創りします。

  • 片耳98,000円より(非課税)

耳かけ形補聴器

耳の後ろにかけて使います。スイッチやボリュームの操作がし易く、取扱いに安心です。
補聴器がはじめての方から高度難聴の方まで、幅広い商品をご用意しています。

  • 片耳49,000円より(非課税)

ポケット形補聴器

コード付きのイヤホンで聴くタイプ。
スイッチやボリュームを手元で確認しながら操作できるので、取扱が容易です。

  • 片耳39,000円より(非課税)

先進のデジタル補聴器

デジタル補聴器のメリット

デジタル補聴器は、より自然な聞き取りを実現します。
デジタル補聴器の中に組み込まれている小さなコンピュータが自動的に計算を行うことで、音のひずみや補聴器内部の雑音が少なくなります。そのため、一般の補聴器に比べて、ひずみの少ない明瞭な音がします。
言葉がはっきりします。
高度なデジタル信号処理で会話音の認識を行い、雑音と会話音の中から会話音を強調したり、言葉の判別に重要な役割を果たす子音を強調する機能をそなえたものもありますので、聞きたい音声がはっきり聞きやすくなります。
音量も自動的に調整します。
大きな音はうるさくないように、小さな音は明瞭に聞こえるよう自動的に音量を調節。自然な音量感が得られ、面倒なボリューム調整を不要にしました。